日々道道にっき

日々の道々日記。感じたことを綴ってきます。

手足口病にビビッた僕が、ザックリ調べてみましたってはなし

子どもが産まれてからよく耳にするようになった手足口病(世間知らずがバレましたねww)

 

夏場になってから、保育園の連絡ノートには、流行中の病気の欄に『手足口病』の文字が。。。

 

なんともまぬけな病気だな~

なんて流し読んでいましたがwww

 

職場で

「おまえんとこの子は手足口病大丈夫か?」

 

友人から

「うちのが手足口病になっちゃって最悪だよ」

 

親戚から

「通っている保育園は手足口病流行ってない??」

 

なんて僕ら夫婦

「え?みんな聞いてくるけど手足口病ってそんな怖い病気なの???」

 

なーんてとぼけたことを言って恥もかきたくないので、適当に返事をし、8月も半ばになってから少し調べてみることにしました(おっそww)

 

手足口病をざっくり言うと

発熱、口内炎、手足に水疱性発疹が出来る夏風邪の一種とのこと

 

感染経路は

コクサッキーウイルスA-16、A-10エンテロウイルス71って名前の夏かぜウイルスの仲間が主な原因になるようです

飛沫、接触で感染し、潜伏期間は3~6日間とのこと

 

気になる病状

急に38℃台の発熱を起こし、続いて口の痛み、よだれ、食欲低下があり、手足やおしりなどに発疹がみられるようになる

熱は2~3日発疹は3~4日で水疱が吸収され、アメ色に変化して治るとのこと

 

発症を疑ったらどうしたらいいの?

治療は発熱や痛みに対するもの程度のようです。痛みで食欲不振があることもあるようなので、水分補給には注意が必要とのこと

 

『熱や発疹が出ても元気なら、家で安静にして様子をみてください。水分がとれなくてぐったりしたり、頭痛や嘔吐があるようでしたら、小児科を受診してください。』

 

なんて情報もありましたが、疑いがあるようならかかりつけの小児科に問い合わせ、指示を仰いでもいいのかなと思います(我が家はそうしちゃうと思います^^;))

 

さて!たかが夏風邪の一種と思っていた手足口病ですが、名前とは裏腹になかなかヘビーな症状でした。。。

 

この程度の知識ですが、勉強する前に発症しなくてよかった~

 

子育ては日々勉強なんていいますが、子どもがかかる病気なんかもきちんと学んでいかなければなりませんね

 

精進してまいります!!

 

今日はここまで!ご清聴ありがとうございました